プロフィール

てらてらてる

Author:てらてらてる
バイク、釣り、キャンプ、シーカヤック、ログハウス造りなど
色んな趣味の遊び様を見てください!!!

ブログランキング

ランキング参加してますクリック応援よろしくお願いします  PCからの方は↓キーボードのCTRLを押しながらだと連続でクリックできます にほんブログ村 アウトドアブログへ
blogram投票ボタン人気ブログランキングへ

楽天

広告

このブログをリンクに追加する

Amazon商品一覧

アウトドア遊びの奮闘記(シーカヤック、バイク、釣り、ログハウス遊び等)
バイク日本一周、 シーカヤック 四国一周、西日本一周、北海道一周等を 経験し、社会復帰してからの遊びを紹介します 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友が島シーカヤック8
朝早く起きて釣りをするも

P2260217_convert_20110305203401.jpg

釣果はこのギンポのみ・・・

島内観光を少しして早めに帰る事にしました

P2260221_convert_20110305203425.jpg

この前には大型船の避け方について書きましたが

海峡横断の資料について書きます

無題

友が島周辺の海図ですが

海図をみるとやはりこの海域は2ノット程の潮流があることがわかります

あとはその最大流がいつ流れるのか時間を知らなければなりません

沿岸潮汐表

西日本の沿岸潮流表です、昔はこういう本を毎年購入していたのですが

最近ではネットでも海上保安庁第五管区というサイトから閲覧できます

無題2

2月の25日~28日までの抜粋ですが

左は転流時間、右が最大潮流時間と速度(-は南流+は北流)です

この日は26日ですので日中の転流時間は10時50分と15時8分です

この時間が一番潮流の無い時間帯なのでこの時間を狙って通過するわけです

この日、日中は最大で1.1ノットなのでいつ行っても横断はできますが

回避できるリスクは回避するのが定石です

(1.1ノット1ノットは1852メートル毎時なので時速2km程です)

自然の力は偉大です決して逆らわないように

ちなみに鳴門海峡は10ノットを超える時があります渦も巻くはずです(笑)

瀬戸内の潮の流れは複雑で速いので経験者と一緒に行動を共にして下さい

流れに逆らうのは愚かで無知の証拠ですよ

機会があれば反流時の漕ぎかたについてまた書きますね~~~

ランキング参加してますクリック応援よろしくお願いします  
FC2ブックマーク

PCからの方は↓キーボードのCTRLを押しながらだと連続でクリックできます
にほんブログ村 アウトドアブログへ
blogram投票ボタン人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
友が島 シーカヤック2
P2250130_convert_20110227153432.jpg

穏やかな絶好のシーカヤック日和

視程は5km程、海峡横断には十分な視程です

島までの距離は3km程ですから単純計算で30分も漕げばたどり着きます

ただそううまくいく訳ではありません

P2250131_convert_20110227153505.jpg

遠方から貨物船が近づいてきます

いかに現代のレーダー性能が上がっているとはいえ

海では木の葉のように小さいカヤック避けてくれる保障はありません

カヤックでの海峡横断、他の海の横断でも自分で回避するのが基本です

この貨物船の場合僕の進行方向から見て左から船がやってきてます

船首が僕の方を向いていないので問題はありませんが

進路が交差しますから、様子を見ながら漕ぎ進みます

P2250136_convert_20110227153604.jpg

止まって待たないのかと思う方もいらっしゃるでしょうが

カヤックというものは推進力がある間はかなり安定しているもので

相当の嵐でも漕いでさえいればよほどの事がない限り沈はしないものです

海峡という所は流れも速いので風と流れを計算して現在地から流されないよう

注意して貨物船の通過を待ちます

P2250134_convert_20110227153531.jpg

潜水艦なんかも通過します(笑)

さて船首が自分の方向を向いている場合速やかに現在地から離れましょう

当たり前の事ですが(笑)

対向して進路がかぶる場合航行法で面舵にきって回避するのが常識です

カヤックをするたる者、基本的なルールは覚えて海にでましょう

ここまで書いた事は僕のルールです。

僕はこれまでこの方法で無事故ですが

事故を起こして文句を言ってきても僕は知りません、僕のルールです

カヤックにはエンジンが付いてませんので法律的には手漕ぎボート

法律は適応されませんが、マナーは守りましょう

こんなことはシーカヤックガイドブックには書いていませんからね

P2250137_convert_20110227153712.jpg

友が島に到着です(笑)

P2250139_convert_20110227154338.jpg

中々楽しそうな大きな島でしょ???

P2250140_convert_20110227154427.jpg

この島にはキャンプ場がありこの日はここでキャンプします

正面に見える浜の奥がキャンプ場になっています

P2250142_convert_20110227154530.jpg

最近暑いですよね~2月とは思えないくらい・・・(笑)

海峡横断のお祝い、エビスビールで祝杯です

あ~~美味し~~~

もうビールが美味い季節がやってきました?

ランキング参加してますクリック応援よろしくお願いします  
FC2ブックマーク

PCからの方は↓キーボードのCTRLを押しながらだと連続でクリックできます
にほんブログ村 アウトドアブログへ
blogram投票ボタン人気ブログランキングへ
成生岬シーカヤックツーリング4
今回成生岬に来た目的はここに来たかった為です

以前にここに来たときは、この洞門に気づいていたのですが

うねりがあり洞門の中に入れませんでした

P9100030_convert_20100913170434.jpg

するとビンさんのブログ(http://bin49.blog2.fc2.com/)に

キャンプが出来そうとの記事が載っていたので

早速・・・

中は開けた空間になっておりキャンプは出来そう

P9100039_convert_20100914155125.jpg

大きく開けた空もあり

P9100037_convert_20100913170646.jpg

風景を望める高台に上がる事も出来ます

何だか宮崎アニメの紅の豚の秘密基地みたいでしょ(笑)

P9100032_convert_20100913170508.jpg

上からはこんな景色が・・・

P9100033_convert_20100913170540.jpg

良いところですね成生岬!!!

P9100034_convert_20100913170616.jpg

さて今回ちょっとうねりがでているので、シーカヤックでのサーフゾーン

での上陸の仕方について書きます

普通カヤックでは波の穏やかな所に上陸または出艇しますが

仕方なしにうねりの入ってくるサーフゾーンに

上陸、出艇しなければいけない場合があります

その場合はまず沖でそのサーフポイントで上陸しやすいポイントを探します

必ずあります!!!

やみくもに入っていって、もみくちゃにされるのはイヤですから(笑)

そして次は波のリズムを覚える事です

波にはリズムがあり大きい波、小さい波様々な形の波があり崩れてくるポイントも

まちまちです、そのリズムは1分や2分で覚えられる物ではありません

最低でも15分以上はしっかりリズムを覚えましょう

ここで注意しないといけないのは、まれにあり得ない大きさの波が入ってくることです

そういう波は今までのブレイクポイントと違う所で崩れます

その波は遠くから見ていても分かりますから直ぐさまバウを沖の方向に向け

乗り切りましょう

自分の上陸するタイミングを見つけたら、いよいよ上陸です!!!

この時まっすぐに岸に進むと、立て沈する可能性があるので

自分の行くタイミングの波がブレイクする前に波に対してカヤックを水平にもっていきます

この時乗る波の後に大きな波が入って来ていないか確認し

そしてハイブレイスの体制を整え波を待ちかまえます

ブレイクしてきたらそのまま波を押さえつけながら横滑りさせカヤックを

上陸させます

そして素早くカヤックから降り、引き上げること!!!

決してしてはいけないのはカヤックが上陸したとき波が来る方向の反対側から降りること

カヤックは上陸したときどちらかの方向に曲がっているはず

絶対海側から降りて下さい下手をすると次の波でカヤックが飛んで怪我をします!!!

場合によってはカヤックを捨てていっても良い!!!

沖縄などのリーフのある所でも理屈は一緒です、ただ上陸出来るのは

リーフが切れている溝の部分からです

失敗するとリーフで血だらけになりますが(笑)

言葉で言えるのはここまでです、後は練習あるのみ

決して最初から大きい波でやってはいけません、小さい波から!!!

サーフカヤックするついでに練習して下さい

ツーリングカヤックはサーフィンには向いていません

あくまでも緊急時の上陸ですよ!!!

ランキング参加してますクリック応援よろしくお願いします  
FC2ブックマーク

PCからの方は↓キーボードのCTRLを押しながらだと連続でクリックできます
にほんブログ村 アウトドアブログへ
blogram投票ボタン人気ブログランキングへ
成生岬シーカヤックツーリング3
昨日の続きです

次に波の影響について

うねりは遠い海でおこった嵐の名残なんですが

岬周辺の海底は地形が複雑な事が多く、また暗礁も多いので、うねりが出ているときは

あちこちで崩れてきます

今回の成生岬のうねりは1m程で風は微風なのでシーカヤックには影響はありませんが

うねりが大きくなればなるほど危険は高くなります

うねりは2mを越えると波頭も崩れてきますし

波が海岸にぶつかると必ず返り波がきます、その波がうねりと重なり合うと

複雑な三角波をつくりカヤックを苦しめます

だったら沖に出ればいいじゃんと思う人もいるはずだが

人力であるカヤックには岬の沖に出る事はリスクがあり、なるべく岸寄りを通るべきで

難所と呼ばれる岬ほど魔物が住んでおりリスクが高まります

例にあげると、まず北海道の最大の難所えりも岬です

ここは展望台に風の館という風を体感できる施設があるほどの強風が吹く地でもあります

下の地図を見て貰ったら分かるように細長い暗礁が続いています


より大きな地図で えりも岬 を表示

ここのだし風を食らうとカヤックでは太刀打ちできません

当然条件の良い日しか越えられないのですが

ルートは3箇所しかありません

僕の覚えているルートは2箇所ですが

ここのシーカヤックガイドのYさんに決して沖から大回りしないように

言われました

沖の海底も複雑で、いつ何処で崩れてもおかしくなく

沖に出てここのだし風を食らうとカヤックでは太刀打ちできませんとの事・・・

そして四国室戸岬!!!

ここも風の名所


より大きな地図で 室戸岬 を表示

ここもカヤックでの航行は沖に出ないことが前提になります

まだえりもに比べると細長くはないですが沖から回り込むのは避けるべきでしょう

僕が通ったのはルート1最短ルートです

その日は風はそれほどではなかったのですがうねりが多少あり

ルート1ではロデオ状態、岬を越えたときは観光客から拍手がきました(笑)

また岬をシーカヤックで越えるときには岬を越えた後の海の状態も

予想しなければいけません

風向き、波方向によっては現状、今見える岬の状態よりも悪化している場合があるからです

天候、潮流、自分の技量を計ったうえで岬を越えるかどうかを判断してください

カヤックに乗らない人はだらだらとすいません

近年カヤックでの事故が増える傾向にあります

シーカヤックガイドを付けていても事故がおこるなんて事もあります

自分の身を守るのは自分です!!!

しっかりと個々のスキルを上げましょう

さて話は変わって、今回の成生岬ツーリングの目的地はここ!!!

P9100029_convert_20100913163701.jpg

続きは明日!!!

ランキング参加してますクリック応援よろしくお願いします  
FC2ブックマーク

PCからの方は↓キーボードのCTRLを押しながらだと連続でクリックできます
にほんブログ村 アウトドアブログへ
blogram投票ボタン人気ブログランキングへ
成生岬シーカヤックツーリング2
P9100027_convert_20100912071705.jpg

成生岬です、奥に見えるのは冠島釣りで有名です!!!

P9100028_convert_20100912071749.jpg

美しい風景ですが、美しいものにはとげがある

岬には昔から難所が多く、沢山の船をのみこんできました

それはまず風の影響・・・

写真を見てもらうと切り立った断崖が続いています

この写真の崖はは北向きですので、この岬は北方向から風を受けると

まず断崖に当り、行き場の無い空気の塊が抵抗のない方向に一気に

吹き抜けるでしょう

岬を抜ける風のエネルギーは凄まじく一般人が体験できない領域まで吹き抜ける

事もしばしば(難所と呼ばれる岬は全てそうです)

もしその岬の手前に風の抜けやすい谷があると風は抜けやすい、抵抗のない方向に

一気に抜けます

知床で言うルシャの出し風、羅臼降ろしと呼ばれるのはこれに当てはまり

その威力は風速30kmを超えるのもめずらしくありません

一般で言うやませ、おろしといわれる風がこれにあたります(六甲おろしもそうですよ~)

さてこの話がシーカヤックにどう繋がるかは長くなるので明日(笑)

ランキング参加してますクリック応援よろしくお願いします  
FC2ブックマーク

PCからの方は↓キーボードのCTRLを押しながらだと連続でクリックできます
にほんブログ村 アウトドアブログへ
blogram投票ボタン人気ブログランキングへ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

置き手紙

おきてがみ FC2ブログ以外からのブロガ-さんは 押して頂くと、後ほど訪問させて いただきます

リンク

QRコード

QR

Amazon商品一覧【新着順】

広告

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。